今日、思わずびびったことを、ひとこと言います!


by maymarz

カテゴリ:政治( 4 )

日本は戦争で負けたことが、ほとんど無い。そうだ。

昨日のフジテレビの報道2001で、面白いことを言ってました。
現代史の先生が、日本は歴史上、初めて負けたのが太平洋戦争だから・・・。

そうか、そう言えば、日本って負けたことがないね。
内部のいざこざは多々あったけど、
天皇家を中心とする日本は負けたことが無いし(だから天皇制が続いている)、
太平記の時代は、天皇家が負けたというよりも、分裂したと解釈する方が正しいし、
元寇も結局負けなかった。

豊臣秀吉の朝鮮出兵も、
わざわざ外に出て行って、
一度は勝利し、2度目は逃げ帰ったけど、
限りなく負けに近いけど、
実質は、負けたというよりも、引き返したから、
そもそも何もなかったという方が正しいか・・・。

明治維新の頃でも、
薩英戦争のように、日本というよりも地域の戦争で危ういものはあったけど、
日本自体が、負けたというのは、太平洋戦争くらいのものか・・・。

ちなみに、アメリカは過去に一度も負けたことが無いとも、
ベトナム戦争だけは負けたとも言われているけど、
どっちが正しいのだろうか・・・。
[PR]
by maymarz | 2006-08-16 12:47 | 政治
民主党の太田和美候補955票差で競り勝つ。

民主党の太田和美氏が自民党の公認候補に競り勝った。
これを持って小沢一郎氏は凄いとか、
小泉首相は、神通力が薄れたとか、レイムダックとか、色々言われているが、
まあ全く問題ない。
マスコミも、これを本気で信じていたら、馬鹿にされよう。

正直、武部さんも、あれほど露骨に捨てゲームを仕掛けるとは思わなかったが、
ジャンケンポンというか、
「最初はグー、サイトウケン!」だって・・。
そんな遊びみたいなこと普通でするわけ無い。
まあ、勝っても負けても良いから、
武部さんなりのお遊びをしてみたのだろうけど、
まあその程度のことであって、
小沢氏の勢いとは、あまり関係ない。

まあもちろん少しは小沢氏への期待があって、それは少しは良かった。
それがなかったら、自民党の捨てゲームでさえも、民主党は負けていたのだが、
小沢氏への期待が、自民党の捨てゲームをなんとか上回ったのだ。笑える。
まあいずれにせよ、自民党は負けて当然だし、
負けても勝っても良いと考えていただろう。

それは理由を詳しく説明すれば、
あまり勝ちすぎると、肝心の参議院議員選挙が心配である。
アナウンス効果で負けてしまうかもしれないし、
微妙な政権バランスが働いて、
弱きを助けて、強きの自民党は負かされてしまうかもしれない。

まあそんな訳で、今回のお遊びは民主党がわずか955票差で勝ちました。
これは自民党の思い通りのことです。
少しの差で負ける。
これは非常に都合が良い。
そもそも自民党がそこまで馬鹿なわけが無く、ただ捨てゲームであって、
今回は小沢効果という大きな理由があるから、
負けてあげたのだ。

見ての通り小泉純一郎氏の人気は絶大であるし、
その人気は、無党派層、浮動票、組織票、全て関係なく、絶大である。
だから、ここのたったの1議席は、
ただの捨てゲームで、負けてあげたので、最高の結果と言えよう。
それを認識できないようなら、労働党というか、民主党の未来はないだろう。
[PR]
by maymarz | 2006-05-02 12:59 | 政治

竹島の本当の領有国は?

竹島の本当の領有国は?

竹島問題は何故ここまでこじれるのか?
日韓両国には様々な問題が存在するが、
これも非常に大きな問題の一つである。

今回も、韓国は、自己都合主義というか、国内対策なのか、
竹島周辺の海域に、韓国名を名付けようとしているので、
日本も、竹島北東海域に日本の海洋調査船を派遣し、調査するという状況である。
日本としても、竹島周辺海域について、韓国名での国際名称を名付けられる訳にはいかないので、
海洋調査船を派遣して、海域調査をしようというものである。

そもそも竹島がどちらの領有かというと、
私は結論が出ていない。
歴史的経緯を見ても、日本であっても韓国であってもおかしくないからだ。
1905年以前も、韓国であったり、日本であったり、
ただの中継点の位置付けしか感じられないし、
1905年以降も幾つか問題も感じているので、なんともいえない。
まあ強いて言うならば、韓国55%で、日本45%の分があると思っている。

★竹島領有問題解決の提案はこちらへ→http://www.doblog.com/weblog/myblog/61310


まず日本有利な側面として、
日本は何回か国際司法裁判所に訴えていて、そこでの判断を求めている。
ところが韓国は全く出てこない。
実効支配しているのに、出てこないのだ。
それは何か後ろめたいものがあるのだろう。

つまり裁判をしたら韓国が負けるからだ。それは国際的にもほぼ異論がない。
実際に韓国から見ても、その1905年の編入の事実があるから、
ほぼ間違いなく負けるということで、
裁判には出てこられずに、司法手続きには入ることなく、
実効支配を続けているという現状がある。
[PR]
by maymarz | 2006-04-24 12:52 | 政治
西澤孝、民主党偽メール問題・。

西澤氏とは、民主党の偽メール問題の張本人である。
週刊ポストの記者らしいが、フリーでもいろいろとやっているようだ。

ただその際に、長野県知事の孫と吹聴しているらしい・・。
うーん、それは一瞬考えてしまうなあ。
まあ普通の人は気付かないだろうけど、
西澤知事と言えば、古い世代にとっては、非常に懐かしい信頼を置ける名前・・。
だからこそ、今回の西澤氏は責任が重いと言える。

そしてなんでも、民主党から1000万円も取ろうとしたらしい。
凄いねえ。もしもこれで民主党が支払っていたら、みんなで笑ってあげたい。
まあそういう体質の政党であるとしか言えなくなるね。
でも本当に永田氏は、あの程度の人物のメールを信じたのだろうか?
元長野県知事の孫と言っても、そういうことこそ、直ぐに調べれば分かるし、
そういうことが重要じゃないの?

それもせず、鵜呑みにして、
あんなメールをッ信じるなんて、辞職云々よりも間抜けなことが非常に痛い。
痛すぎてかわいそうかも。

あと一つ言いたいのは、
あのメールの時刻を見て、あの時刻は、広島で車の中にいたとか、
中でメールできるとかいっているけど、あほらしい。
ああいうパソコンメールの時刻は、いつにでも設定できるんだよ!!!
みんな知らないの?
日本テレビの方々も知らないの?
なんでだろう?ああいう、メールの時刻は、パソコン内の体内時計の時間だから、
それをかえればいつでも変更可能なのだから、
そうすれば良いし、
時刻の検証は全く必要ないのだが・・。
まあ良いけど。
[PR]
by maymarz | 2006-04-06 09:11 | 政治