今日、思わずびびったことを、ひとこと言います!


by maymarz

日本の石油会社について想起する。

日本石油会社は、
闇カルテル事件当時は、
日本石油、出光興産、共同石油、三菱石油、大協石油、
丸善石油、モービル石油、ゼネラル石油、シェル石油、昭和石油、
キグナス石油、九州石油、太陽石油、
基本的には、三井石油は、何故か元売に入れない。
半精製会社扱いだ。

日本石油は、
旧日本石油の古いスタンドを見るとわかるが、
古い日石のガソリンスタンドには、☆星のマークで、CALTEX(カルテックス)と書いてあるけど、
これの意味は分かるかなあ。
それは、ソーカルのCALと、テキサコ(TEXACO)のTEXをとって、
CALTEXなんですよね。
つまり、日本石油は、当時は外資系と呼ばれてて、
ソーカルとテキサコの合弁でした。

出光興産は、民族系で最大手。
同属企業で、終身雇用制と、日本の王道を行く排他的な企業だったけど、
ついに出光さんは、同族経営を諦め、
銀行に出資して貰っちゃった。
俺は同族のままでも十分にOKだと思ったけどね。

共同石油は、日立系の民族系。

大協石油と丸善石油は、後に合併してコスモ石油となり、4位あたりまで浮上するが、
まあその程度の位置付け。
共同石油もそもそもアジア石油とか富士石油あたりとかの合併だけど、
更に日本鉱業と合併し、日鉱共石になったけど、やはり3位のまま。
日石への道は遠かった。

三菱石油は、米国ゲッティーオイル系。
ゼネラルはエクソン系。
エクソンにしては、日本ではこぢんまりとやっていたね。
エクソンという言葉は、世界中のあらゆる言語において、
なんの意味をもなさない言葉として、
コンピューターで解析して、ひねりだした造語なのに、
何故に日本ではエクソンを使わずにゼネラルとか言うのか意味が分からんけど。

シェル石油は、言わずと知れた、イギリスオランダの英蘭複合企業の
ロイヤルダッチシェルで、米国にも子会社はあるし、世界で2位の石油メジャーですね。
あ、でも、イギリス2位で、世界3位のBP(ブリティッシュペトロリアム)は、
日本ではあまり活躍していないねえ。

シェル石油は、同じ系統の昭和石油と合併し、
昭和シェル石油となる。
それは、丁度、F1レーサーのアランプロストがCMに出演し、
フォーミュラシェルというハイオクタンガソリンを宣伝していた頃かなあ。
それとも、90歳くらいの昭和石油の最高顧問の夫婦が惨殺された頃だっけなあ。

新日鉄は九州石油を押さえ、
キグナスはニチモウ系だが、意味が良く分からん。

やみカルテル後、合併とかでだいぶ元売は減ったけど、
石油13社は健在という感じです。
[PR]
by maymarz | 2006-06-27 12:49 | 経済